ギャラリー目黒陶芸館へようこそ

ごあいさつ

館主 目黒 伸良 
 当ギャラリーは、現代陶芸を扱う専門ギャラリ―でございます。日本は、やきもの王国と言われるぐらいやきものが盛んな国であります。その中で、自分の思いを表現するために土を選んで制作した作品ではなく、素材が先と考えて、土を選択し、土の造形そして焼成のプロセスの中に自分の思いを封じ込めて表現しようとしている作品を中心に展示をしております。
 普通ギャラリーというものは都会の真ん中にあるように考えられますが、意に反しまして当ギャラリーは田んぼの真ん中にございます。そのせいか人間のお客様より虫のお客様のほうが多いくらいのギャラリーでございますが、作家選びには自信を持っておりますので、やきもの好きな方は是非ご来館下さい。

目黒陶芸館の歴史

1992年10月
ギャラリーを開設

2002年10月
ギャラリー10周年記念展として、当ギャラリーと平田邸書院にて「内田鋼一展」および「中島晴美展を」開催。